女優、アイドル、などの芸能界のニュースや噂、グラビアアイドルのDVD、写真集、発売情報など、独自の視点でつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビを盛り上げる 人妻アナが大活躍!

今、人妻アナブームだそうです。
結構育児そこそこにみんな復帰しますよね。

 世はまさに“熟女ブーム”だが、女子アナ界にもその波は押し寄せ“人妻女子アナブーム”の到来。そこで彼女たちの“お家の事情”を一挙に紹介してみよう。

 まずは同じタイプの“巨乳アナ”亀井京子アナが寿退社し、局内では一人勝ちの感のあるテレビ東京の大橋未歩アナ。「芸人が選んだ付き合いたい女子アナランキング」でも1位に輝く人気ぶりだ。

 「語弊があるかもしれませんが、もう局内にはライバルはいません。もともと、亀井アナよりもアナウンサーとしての技量が一枚も二枚も上でしたしね」(芸能ライター)
 ただ、これから先、不安がないわけではない。
 「夫のヤクルトスワローズ・城石憲之選手の成績不振です。このままだとクビになるかもしれません。でも大橋アナは、このことを一向に気に病む様子もなく“向こうがダメになっても私が働く。将来、2人で小料理屋をやってもいい”とも言っているそうで、城石選手は果報者です」(同)
 「行列のできる法律相談所」でメーン司会の島田紳助をサポートし、常に高視聴率をマークしている日本テレビの松本志のぶアナ。
 「“オレのトーク、オモロイやろっ”といった紳助の押しの強さを松本アナがうまくやわらげています。周りの人への気配りが画面を通じて伝わってきます」(テレビ局関係者)
 これも、夫婦仲が良ければこそと、もっぱらのウワサなのだ。
 「ふだんは羽鳥慎一アナらの上司としてテキパキと仕事をこなす松本アナですが、家に帰ると夫で作曲家の岩代太郎氏にベタベタする“甘えん坊しーちゃん”になるそうです。一緒にお風呂に入って背中を流しっこしているそうです」(芸能ライター)
 なんともうらやましい限りだが、暗雲が立ち込め始めた人妻女子アナもいる。フジテレビ出身のフリーアナ、内田恭子アナだ。
 「フジが古田敦也前ヤクルト監督と相武紗季を北京五輪のキャスターとして起用したことに、ウッチーは少なからずショックを受け、自宅でもふさぎがちとか。夫婦仲に影響するかもしれないので要注意です」(同)
 いずれにせよ、これからも人妻アナたちがテレビを面白くしてくれるのは間違いない。

しかし、新人アナにしてみれば、早くいなくなって欲しいでしょうけどね。
川田亜子さんもそうですが、いろいろとどろどろしていそうな雰囲気ですね。


引用:ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3674120/
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/150779
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/152811/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/154158/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/188873
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/210076/
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。