女優、アイドル、などの芸能界のニュースや噂、グラビアアイドルのDVD、写真集、発売情報など、独自の視点でつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界進出!押尾学がエイベックスと契約!

押尾学さんがエイベックスと契約して、世界進出を目指しているようですね。
子供生まれても日本の芸能界から干されて、仕事もありませんからね。

 俳優で歌手の押尾学(30)が、大手レコード会社、エイベックスと専属契約を結ぶことが15日、発表された。昨年11月に妻で女優、矢田亜希子(29)との間に長男が誕生。父親としての自覚が芽生えたようで、新天地で心機一転、芸能活動をスタートさせる。今回の移籍が、押尾が新たな挑戦として掲げる海外進出への絶好の機会にもなりそうだ。


 エイベックスによると、2月ごろから契約に向けた交渉を開始。このほど契約を結び、15日から新天地で活動を開始することになった。

 押尾は4歳から8年間、米ロサンゼルス郊外で生活。ワールドワイドに活躍の場を広げたい、という思いを強く持っていたという。その思いが昨年11月に長男・りあむくんが誕生したことで、再び熱くなった。

 平成17年12月に所属事務所と大手レコード会社を離れて以来、目立った活動はしてこなかった。だが、矢田も育児に専念しており、自分が頑張らないと生計が立てられない、という思いもあった。1月のフィットネス用品発表会では「子供が生まれたので、飯を食わせないと。頑張らないといけないと思いまして」と本音も漏らしていた。

 一方、エイベックスは昨年6月に芸能事業部を設立。小雪(31)や中村獅童(35)ら若手実力派と次々に契約を結んでいる。さらに同年11月に北京支社を立ち上げ、海外を視野に入れたプロモーションも積極的に展開している。

 この2点を押尾が注目し、自ら同社に熱烈オファーをかけたという。今後の活動などは未定だが、押尾は「海外にも目を向けて取り組んでいきたいと願ってました。そんな姿勢や思いに、共感してくれる会社やスタッフに出会え、本当にうれしく思っています。このすばらしい環境で、思う存分に自分の可能性にチャレンジしていきたい」とコメント。今回の移籍が、海外進出への大きな足がかりとなりそうだ。

★ダルビッシュとも契約!マネジメント幅広く展開

 エイベックスは、小雪、獅童のほか、石橋凌(51)、大竹しのぶ(50)、高岡早紀(35)らと契約。日本ハムのダルビッシュ有投手(21)らスポーツ選手とも契約するなど、幅広い分野でマネジメント活動を展開している。

しかし、エイベックスと契約しても、獅童さんみたいに仕事が減ることもありますし、うまくいくかどうか。
世界は押尾節では通用しませんよ。


引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/145380
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/112339
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/105552
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。