女優、アイドル、などの芸能界のニュースや噂、グラビアアイドルのDVD、写真集、発売情報など、独自の視点でつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高木美保 のオモテとウラ… 「ひとがた流し」で女優復帰

高木美保 さんって 薬師丸ひろ子 さんのライバル役だったんですね。
女優さんというより、バラエティ向きのような気がしますね。

「芸農人」がエコ・ブームに乗って、もう一度「夢」にチャレンジする――。12月1日スタートの土曜ドラマ「ひとがた流し」(NHK)で11年ぶりに女優復帰を果たす高木美保(45)。「ドラマに復帰するとは思ってもいなかった」とは本人のコメントだが、これまでも10年スパンで大きな転機を乗り越えてきた高木だけに、ひと皮むけた女優復活への期待が高まっている。


 84年に映画「Wの悲劇」で薬師丸ひろ子のライバル役として女優デビュー。88年にドラマ「華の嵐」(東海テレビ)のヒロイン役で人気上昇の波に乗ってからは、NHKの大河ドラマなど大きな仕事が次々と舞い込み、寝る間も惜しんで、がむしゃらに働いた。

 一時は1年間に数日しか休みがないほど超過密スケジュールをこなしたが、最初の転機はこの頃訪れた。不規則な生活で心と体のバランスを崩し「自律神経失調症」と診断されたのだ。

 手足の冷えに始まり、不眠、しつこい片頭痛、情緒不安定からうつ症状がさらに悪化、「死んだら楽になるかな」と本気で考えたこともあったという。

 東京生まれの高木がすべてを捨てて田舎暮らしを決意し、栃木県那須高原に転居したのは98年、今から10年前のことだった。これに相乗りした両親と3人で「プチ農業」を始めたことから自称「芸農人」という2度目の転機が訪れた。

 農業体験をエッセーにまとめ、「環境にやさしい生活」を実践する姿が共感を呼び、パネリストや講師としてあちこちから声がかかるようになった。

 で、今回久々の「古巣復帰」とあいなったが、女優としての高木の素質はどうなのか。

 彼女のこれまでのエッセーを読むと、東京の下町に育ち、小学生の頃は近所の悪ガキとよその留守宅に無断で上がり込み、部屋で「う○こ」したり、親戚の女の子が乗っていたブランコで頭を直撃され、相手を引きずり下ろしてズタズタにしてから気絶したなどと告白する一面も。

 撮影の現場でスタッフやお偉いさんをつかまえ「偉そーな口利く前に台本そろえてみろ、バカヤロー」なんて粋なタンカを切ることも珍しくなかった。

 駆け出し女優としてもらった役柄からついたイメージは「いじわるな人」「暗い人」。やっと回ってきた「お嬢さま」の役に気を良くしたものの、「見かけと中身が違いすぎる」とかで、現場スタッフから「おまえはしゃべるな、黙って立ってろ」なんて抑えつけられた。昔から「本当の自分を知ってもらいたい」とウズウズしていたらしい。

「社会性のある内容だし、同じ女性として何かを伝えたい」と今回久々にドラマ出演を引き受けてからは、都内のホテルに缶詰め状態で収録をこなす熱の入れよう。田舎暮らしですっかり元気を取り戻し高木が何かやってくれそうな期待が高まっている。


そんな過去があったんですね。農業やっていたのは知っていましたが。
単に田舎暮らしが好きだったのかと思ってました。
しかし、昔は悪がきだったとは。
今でも口が悪いし、はっきり言うところは下町育ちが抜けてないんですね。


引用:ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3343169/
引用:ニュースイザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/other/131154
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。