女優、アイドル、などの芸能界のニュースや噂、グラビアアイドルのDVD、写真集、発売情報など、独自の視点でつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょこたん 紅白出場!でもオタクは望んでいない?

「しょこたん」こと中川翔子 さん、紅白出場おめでとうございます。リア・ディゾン も出場するので楽しみですが、本当のアキバ系の人たちは、しょこたん が紅白出場するのを望んでいないとか?

 アキバのアイドル「しょこたん」こと中川翔子(22)がメジャーに変身する。「紅白歌合戦」の視聴率回復を悲願とするNHKが、東京・秋葉原を中心にしたオタクの若者に圧倒的に支持される中川を紅白に出場させる方針だとか。

 芸能記者によると「中川のほかリア・ディゾン、AKB48の3アーティストを1組として、赤組のトップバッターに登場させるようだ。それぞれの持ち歌をメドレーで歌い、最後にアニメソングを大合唱するプランが浮上している」という。


 視聴率獲得のための人気取りに利用された格好だが、中川自身は希望がかなった形。5月発売のアニメソングのカバー盤「しょこたん☆かばー」のイベントで「お父さん(故・中川勝彦氏=ミュージシャン)の果たせなかった紅白を目指したい」と発言して以来、事あるごとに「紅白出場」を口にしていた。

 芸能界には実力もないのに「紅白を目指します」と発言することでPR活動する例も少なくないが、中川の場合は目標に恥じぬだけの実績が十分ある。

 6月末に発売された3曲目のシングル「空色デイズ」は、初登場3位にランクイン。10月に渋谷のシーシーレモンホールで行われた初コンサートのチケットは、2000枚が25秒で完売した。この会場でも「紅白でコスプレしてアニメソングを大熱唱したい」と語っていた“野望”が果たされたことになる。

●「紅白」出場は手放しに喜べるか

 実は中川、NHKへの貢献度も高い。現在放映されているNHK・BSのCMは、第3弾まで予定されているほどだ。NHKとすれば、こうした歌手活動でのしょこたん人気だけでなく、アクセス数1日平均200万件という「新・ブログの女王」としての人気ぶりと、グラビア、バラエティー、声優、漫画家など多方面でオタク文化を支える若者に熱狂的に支持される中川人気を当て込んだことは間違いないだろう。もっとも、関係者の間では不安視する声も上がっている。

「中川翔子の人気は、オタク文化やブログに象徴されるように、中川の目線の低さに支えられてきました。上から目線となるNHK紅白を、そうしたファンが期待を持って見るかどうかはまったく別問題」(放送関係者)

「コスプレイベントに来てくれる女性ファンが、“しょこたんのおかげで自分の趣味を堂々と言えるようになった”って言ってくれるのがうれしい」と中川本人が言うように、しょこたんファンはオタク層が中心。

「“自分が応援していたタレントがメジャーになってガッカリ”という思考回路を併せ持つオタクが、中川に見切りをつけないとも限らない」(芸能記者)

 NHKの安直な視聴率取りの犠牲にならなければいいのだが……。


応援しているひとが、活躍するのはうれしいと思うんですが、やっぱりマイナー路線というのは理解できますね。
でも、まだ草分け的アイドルなら分かりますが、アイドルに詳しくない人でも、しょこたん は知っていますからすでにメジャーですよね。
歌もヒットしましたし。
NHK紅白歌合戦、楽しみです。


引用:ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3413013/
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/107950
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/107623/
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/105901
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。